とくひさしょうこ(しょこら・ぺす)

経歴

武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科テキスタイルデザイン専攻パリの美術学校(Académie Port Royal)でアクリル画を学ぶ。

自らの作品を模索しながら美術館や劇場を訪れ、薔薇色の日々を送る。先天性感音難聴としてうまれた聴こえない我が子にひたすら絵を描いてコミュニケーションを図る子育てを実践。

親子で通ったろう学校での経験をもとに「絵で音を伝える挿絵画家」として活動している。近年では絵本制作について体系的に学んだのち、本格的に絵本のためのドローイングに取り組む。

出版社や企業からのオファーでオリジナルの絵本を制作することも。描かれている絵のようなあたたかさを持つ、とても優しい女性の先生です。

先生からのメッセージ

デッサンの基礎、アクリルの技法、テクニック、構図、色彩などをいままでの自分の経験からお伝えいたします。生徒さんの持ち味をいかした画法を一緒にさがしながら、最終的にはご自身の世界観で描きたいものがイメージ通りに描けるようになるまで一緒に絵を楽しめたらと考えております。

PAGE TOP